銀行からお金を借りる

私は、公立の商業高校で簿記1級の資格を取りましたので、高校を卒業したら銀行か大手の企業の経理の仕事に就きたいなと思っていました。

でも同じ高校を卒業した兄が就職するときに、銀行に入りたいと学校の進路担当の先生に聞いたところ、母親がいない家の子供は銀行に就職するのは困難だと聞いてから、銀行って人に対して偏見があるのではないかと感じました。
私は銀行に就職するのはやめようと決めました。クラスメイトで銀行に就職した人は多かったです。

私は大手の化学メーカーの本社の経理の仕事に就きました。
ここでの仕事はきっと銀行よりも、残業が多かったような気がします。
毎日8時に出社して7時までいるのが当たり前のような雰囲気でしたね。

同じビルに三銀行が入っていました。でも私はその銀行に口座をもっていませんでした。そのころは父が私の給料の管理をしていたからです。銀行のキャッシュカードも父が管理していました。
私は結婚するまで、自分でお金をおろしたことがなかったです。

結婚して要約自分で銀行の通帳とキャッシュカードを使えるようになりました。
子供が生まれるので50万円窓口でおろしたときに、利用の目的は何ですかと聞かれて、自分のお金なのにそんなこと聞かないで欲しいと思いました。

人に聞いた話ですが、銀行からお金を借りている人って多いみたいですね。まあ、銀行はお金を貸すのが仕事っていうわけなので、そういう風にかりている人が多いのが当たり前なんでしょうけど、私は個人的な融資ではなく住宅ローンでお金を借りている人がほとんどなのかと思っていました。

私も結婚して子供が生まれたので、そろそろ家を買おうかなーって旦那と話しています。大きな家というか、庭のある家で子供をのびのびと育ててあげたいなーって思っているので。そのほうが子供の教育的にいいんじゃないかと思うのです。